『実家に帰省してもつまらない』何もすることがなくてとっても暇です。


実家への帰省にとっても疲れています

一才になったばかりの娘がいるんですけどもこのお正月旦那と娘を連れて私の実家へ戻り正月三が日を過ごすつもりです

しかし常に気疲れもすごくてすぐにでも自分の家に帰りたい気持ちでいっぱいですというのも私の両親は仲がとっても悪いんですよ

喧嘩をするとかならまだましな方なんですけどもお互い全く口をきかないそんな間柄なんです

父親が母親に話しかけると母親はそっけない返事をするか無視をするかそのどちらかなんです私から見ていて種絵がとても可哀想だと思うことが多々あります

でも母が父のことをこんなにも嫌うその気持ちもよくわかるんです

父親は私が幼い頃から単身赴任で月に2,3回しか帰ってこないようなそんな感じでした

そのため母親が私のしつけや勉強受験に関してなどそれに近所の付き合い自治会の役員など全て母親一人で対応していました

そんな母親に対して塩では何も聞くようなことはなくいうこともなく全て母親にまかせっきりでした

大雪が降った時なんかは母親は 車庫の屋根が壊れてはいけないと夜中に雪かきをしたそうです

そんな翌日に 父親からメールが来てこちらは大雪だアパートの駐車場は適切で誰も雪かきしないよ。俺一人だ

そんな一方的なメールでこちらの心配なんか一切お構いなしそんな感じでした

元からそんな優しい言葉をかけてくれるような父親ではありませんでしたがその時母親ブチ切れたそうですもう一人で生きていこうこの人には頼らないで行こうと思ったそうです

父親は1年前に早期退職をして現在も単身赴任先で暮らしていますが毎週実家へ帰ってきては家の中でゴロゴロしているそうです

退職金は母親に半分しか渡していないみたいであとの半分は一体どうなったのやらわからないそうです

また父親はパートやバイトなんかで働きに出ようというそんな気はないみたいです

母親は毎日パートで働いているのでそんな父親見ると本当にイラつくそうです

私の父親は本当に周りの空気を読めないような人なんです

でも私は父親が小さい頃お父さん来でどこにでも連れてってくれるお父さんが大好きでした

今も嫌いではないです

もちろん母親も大好きですし娘の心配事や悩みなんかは毎日電話で聞いてもらっています口も聞いてもらってるとても感謝しています

でも実家に帰るとそんな関係の二人がいて私もイライラしてしまうんです

ただ見ているだけでも本当気遣いしてしまいます

そして私自身が二人の顔色を伺うそんな行為がとてもいやなんです

娘がまだまだ小さいので両親に可愛がってもらいたいなっていう気持ちはありますでもこのままではもう実家には帰りたくないです

両親が揃っている時には帰りたくないと思ってしまいます

いっそのこと離婚してくれたらいいのにと思うんですが母親も実際に離婚したいと思っていますそれでも現実的にはそんなことはなかなかできないみたいで

このままずっと我慢して帰省した際はお互いの顔色を伺いながら今後も帰ることになるのでしょうか

父親はあまり触れてきません

私が母親に任せるケースが多いので自然とそうなってしまうんですが

回答その1

4歳と一歳の子供のいる母親です

私の母親は重めの精神病です

お子さんに影響を及ぼすと思うならばあなたが帰りたくないという気持ちとてもよくわかります

少しだけ顔を出して滞在時間をできるだけ少なくして帰るようにしたらどうでしょうか

私の母に自分の子供会わせると悪影響を及ぼすと思っているので冷たいかもしれませんが私は子供が生まれてからほとんど帰っていません人と比べても仕方ないと思っています

全く問題のない家族なんて本当に一握りだと思いますよ

回答その2

私は親が毒親でした

私はずっと母親の言うことを聞いてきましたが人生うまくいっていないと思っています

私の家族もずっと幼い頃から父親と母親が喧嘩を繰り返していてとても不仲でとても嫌な思いをしながら成長してきました

母が怒り出して父親がそれに対して何か答えて母親がまた怒り出してそして無視をするそんなパターンの繰り返しでした

幼い頃から家族団らんの経験がほとんどないです

親の言うことを聞いても気を使ってもいいことばかりではないですよね

ご自分も成長してお子さんもできて家庭を持っているんですから実家とは距離を置いてみてもいいのではないでしょうか

人生理想論だけではどうにもならないこともたくさんあります

実家に行って苦痛を感じるなら行かないその方法もひとつだと思いますよ

回答その3

何かとても寂しいですよねでも夫婦っていうのは色々なタイプがあるので一概には何とも言えませんよ

年月が経てば経つほどそれぞれの個性が表れる様になってくると思います

あなたのご両親にしても空気が読めないお父さんすれ違ったりを繰り返してそんな状態になったんでしょうね

不平や不満がない夫婦なんて全くないと思いますよ

お父さんを援護するわけではありませんが単身赴任先の駐車場の雪かきをしたのはきっとお父さんだけだったと思います実家の車庫の屋根の雪かきを頑張ったなお母さんでもありすむしろその時お母さんはお父さんに対してお疲れ様でしたの一言あったのでしょうか

通常訴求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加